エウジェニオ・デッラ・キアラ ギターコンサート「情愛とベルカント イタリアと西洋音楽の世紀」 Concerto del chitarrista Eugenio Della Chiara 25/01/2019 Istituto Italiano della Cultura di Tokyo

https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/ja/gli_eventi/calendario/2019/01/tra-affetti-e-belcanto-un-secolo.html 18世紀中葉から19世紀初頭にかけて、ヨーロッパの主要都市では、他国の文化を受容することにより、国際色豊かな文化が息づいていました。 注目の若手ギタリスト、エウジェニオ・デッラ・キアラによる演奏会では、この時期にイタリアとヨーロッパの音楽の間で交わされた対話から生まれた作品を取り上げます。 前半では、ナポリ楽派に特徴的な叙情性や、スペインの大衆音楽のリズムが感じられるD.スカルラッティのソナタ3曲と、ウィーン古典派を代表するハイドン、モーツァルトの作品を演奏します。後半には、ロッシーニの作風を先取りするかのようなパガニーニの「グランド・ソナタ」や、ヨーロッパ各国の音楽から影響を受けた、スペインの作曲家でギター奏者でもあるF.ソルの作品が続きます。なお、C.ガランテがデッラ・キアラに捧げた作品「ヨーゼフ・ハイドンのカメオ」は、日本では初めての演奏となります。 プログラム ドメニコ・スカルラッティ (ナポリ 1685年-マドリード 1757年) ソナタ イ長調 K.208(A.ディエーチ編) ソナタ ホ長調 K.380(J.ウィリアムズ編) ソナタ イ短調 K.175(A.ディエーチ編) フランツ・ヨーゼフ・ハイドン (ローラウ 1732年-ウィーン 1809年) ラルゴ・アッサイ 弦楽四重奏曲Op.74第3番より(A.セゴビア編) メヌエット(アレグレット) 交響曲第96番より(A.セゴビア編) ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (ザルツブルグ 1756年-ウィーン 1791年) アンダンテ・カンタービレ ソナタ K.330より(M.リョベート編) メヌエット(アレグレット) 弦楽五重奏曲第5番K.593より(F.タレガ編) ******** ニコロ・パガニーニ (ジェノヴァ 1782年-ニース 1840年) グランド・ソナタ イ長調 MS3 カルロ・ガランテ (トレント 1959年- ) ヨーゼフ・ハイドンのカメオ(メヌエット形式) 日本初演、エウジェニオ・デッラ・キアラに捧ぐ フェルナンド・ソル (バルセロナ 1778年-パリ 1839年) モーツァルトの「魔笛」の主題による序曲と変奏曲 Op.9 お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2019/01/tra-affetti-e-belcanto-un-secolo.html Programma Domenico Scarlatti (Napoli, 1685 – Madrid, 1757)…

ピーノ・フォラスティエーレ アコースティックライブ Pino Forastiere in concerto 17/01/2019 Istituto Italiano della Cultura di Tokyo

https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/ja/gli_eventi/calendario/2019/01/pino-forastiere-in-concerto.html 作曲家でギタリストのピーノ・フォラスティエーレが、ジャパンツアーの一環としてコンサートを開きます。 フォラスティエーレの楽曲は、ジャンルの壁を越え、クラシック音楽、現代音楽、ロックが影響し合っており、16弦ギターの作品で構成された6枚目のソロアルバムVillage Life(2018)は、地中海音楽のリズムに溢れています。コンサートでは、6弦、16弦のギターで、Village Lifeの収録曲をはじめ、最新のオリジナル曲を演奏します。 https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2019/01/pino-forastiere-in-concerto.html La musica di Forastiere è il prodotto della sua solida formazione musicale classica, contemporanea e rock e supera le distinzioni tra i generi. Anche grazie alle infinite possibilità di estensione, timbro e tessuto musicale che la sua chitarra a 16 corde, strumento unico, offre l’approccio sinfonico di Forastiere si…

Füsun Köksal İncirlioğlu “Three New Pieces” for guitar played by Smaro Gregoriadou on #neuguitars #blog

AN ART ARTISTRY’s Composition “The contemporary Guitar 2018” Site: https://an-art.com/en/portfolio/icctc… Prize winning work for guitar: “Three New Pieces” by Füsun Köksal İncirlioğlu (Turkey) https://an-art.com/en/portfolio/kofuen/ Guitar: Smaro Gregoriadou Recorded at AN ART ARTISTRY November 13th, 2018 Production: AN ART ARTISTRY 2018 Smaro Gregoriadou official site: http://www.smarogregoriadou.com

ICCTCG2018: Emanuela Ballio “B-E improvisations” for guitar played by Smaro Gregoriadou on #neuguitars #blog

AN ART ARTISTRY’s Composition  “The contemporary Guitar 2018” Site: https://an-art.com/en/portfolio/icctc… Prize winning work for guitar: “B – E improvisations sur le marteau sans maitre” by Emanuela Ballio (Italy) https://an-art.com/en/portfolio/embaen/ Guitar: Smaro Gregoriadou Recorded at AN ART ARTISTRY November 13th, 2018 Production: AN ART ARTISTRY 2018 Smaro Gregoriadou official site: http://www.smarogregoriadou.com

The Eye – Climax Golden Twins on #neuguitars #blog

The Seattle-based Climax Golden Twins defy easy categorization, teetering between experimental noise, various flavors of rock, and sound art. Contrary to popular belief, they are not the Sun City Girls. In ten years of playing together, the group has amassed a ton of recordings on labels like Anomalous, Road Cone, RRRecords, and their own Fire…