エウジェニオ・デッラ・キアラ ギターコンサート「情愛とベルカント イタリアと西洋音楽の世紀」 Concerto del chitarrista Eugenio Della Chiara 25/01/2019 Istituto Italiano della Cultura di Tokyo

https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/ja/gli_eventi/calendario/2019/01/tra-affetti-e-belcanto-un-secolo.html 18世紀中葉から19世紀初頭にかけて、ヨーロッパの主要都市では、他国の文化を受容することにより、国際色豊かな文化が息づいていました。 注目の若手ギタリスト、エウジェニオ・デッラ・キアラによる演奏会では、この時期にイタリアとヨーロッパの音楽の間で交わされた対話から生まれた作品を取り上げます。 前半では、ナポリ楽派に特徴的な叙情性や、スペインの大衆音楽のリズムが感じられるD.スカルラッティのソナタ3曲と、ウィーン古典派を代表するハイドン、モーツァルトの作品を演奏します。後半には、ロッシーニの作風を先取りするかのようなパガニーニの「グランド・ソナタ」や、ヨーロッパ各国の音楽から影響を受けた、スペインの作曲家でギター奏者でもあるF.ソルの作品が続きます。なお、C.ガランテがデッラ・キアラに捧げた作品「ヨーゼフ・ハイドンのカメオ」は、日本では初めての演奏となります。 プログラム ドメニコ・スカルラッティ (ナポリ 1685年-マドリード 1757年) ソナタ イ長調 K.208(A.ディエーチ編) ソナタ ホ長調 K.380(J.ウィリアムズ編) ソナタ イ短調 K.175(A.ディエーチ編) フランツ・ヨーゼフ・ハイドン (ローラウ 1732年-ウィーン 1809年) ラルゴ・アッサイ 弦楽四重奏曲Op.74第3番より(A.セゴビア編) メヌエット(アレグレット) 交響曲第96番より(A.セゴビア編) ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (ザルツブルグ 1756年-ウィーン 1791年) アンダンテ・カンタービレ ソナタ K.330より(M.リョベート編) メヌエット(アレグレット) 弦楽五重奏曲第5番K.593より(F.タレガ編) ******** ニコロ・パガニーニ (ジェノヴァ 1782年-ニース 1840年) グランド・ソナタ イ長調 MS3 カルロ・ガランテ (トレント 1959年- ) ヨーゼフ・ハイドンのカメオ(メヌエット形式) 日本初演、エウジェニオ・デッラ・キアラに捧ぐ フェルナンド・ソル (バルセロナ 1778年-パリ 1839年) モーツァルトの「魔笛」の主題による序曲と変奏曲 Op.9 お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2019/01/tra-affetti-e-belcanto-un-secolo.html Programma Domenico Scarlatti (Napoli, 1685 – Madrid, 1757)…

ピーノ・フォラスティエーレ アコースティックライブ Pino Forastiere in concerto 17/01/2019 Istituto Italiano della Cultura di Tokyo

https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/ja/gli_eventi/calendario/2019/01/pino-forastiere-in-concerto.html 作曲家でギタリストのピーノ・フォラスティエーレが、ジャパンツアーの一環としてコンサートを開きます。 フォラスティエーレの楽曲は、ジャンルの壁を越え、クラシック音楽、現代音楽、ロックが影響し合っており、16弦ギターの作品で構成された6枚目のソロアルバムVillage Life(2018)は、地中海音楽のリズムに溢れています。コンサートでは、6弦、16弦のギターで、Village Lifeの収録曲をはじめ、最新のオリジナル曲を演奏します。 https://iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2019/01/pino-forastiere-in-concerto.html La musica di Forastiere è il prodotto della sua solida formazione musicale classica, contemporanea e rock e supera le distinzioni tra i generi. Anche grazie alle infinite possibilità di estensione, timbro e tessuto musicale che la sua chitarra a 16 corde, strumento unico, offre l’approccio sinfonico di Forastiere si…

マルコ・デル・グレコ ギターコンサート「マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコへのオマージュ」

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)の没後50年を記念して、数々のコンクールで受賞している実力派ギタリストのマルコ・デル・グレコが、20世紀のギター作品のなかで傑作のひとつと言われる「ゴヤによる24のカプリチョス」から8曲演奏します。 それに先立つ第1部では、琴の奏法を取り入れた細川俊夫の「セレナーデ」と、武満徹の最後の作品「森のなかで」を演奏します。 また、当日は、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコの孫、コスタンツァ・カステルヌオーヴォ=テデスコ氏が祖父の作品について語ります(英日逐次通訳付)。 プログラム 細川 俊夫 (1955-) セレナーデ(2003) 月光のもとで 夢路 武満 徹 (1930-1996) 森のなかで-ギターのための3つの小品(1995) ウェインスコット・ポンド-コーネリア・フォスの絵画から- ローズデール ミュアー・ウッズ ********* マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ (1895-1968) ゴヤによる24のカプリチョスOp.195(1961) n.1 フランシスコ・ゴヤ・イ・ルシエンテス、画家 n.5 連中の手はずは整った(モデラート-テンポ・ディ・“ビリャンシーコ”) n.6 愛と死と(タンゴのテンポで-重苦しく悲劇的に) n.12 仕方がなかった(ごく遅く、陰気かつ荘重に-グレゴリオ聖歌“怒りの日”の主題によるパッサカリア) n.13 どちらの方が首ったけ(陽気に-舞曲リゴードンのテンポで) n.19 細く紡ぐ(急速に、不吉に-陰鬱な紡ぎ女のように) n.20 師匠への贈り物(アンダンテ) n.24 嘘と無節操の夢(ファンタジーをもって-吟踊風の流儀で) お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it マルコ・デル・グレコ ギター Marco Del Greco, chitarra 1982年ローマ生まれ。同地サンタ・チェチーリア国立音楽院でカルロ・カルファーニャに師事し、最高成績で修了。その後、スイスのバーゼル音楽院でステファン・シュミットのもと研鑽を積む。2010年、第53回東京国際ギターコンクールで優勝。翌年、日本で長期のコンサートツアーを行う。マドリード国立音楽堂、東京文化会館、中国国家大劇院、バーゼル・コンサートホール、ローマのコンチリアツィオーネ・オーディトリウム、カリーニングラードのドラマシアターなど、世界各地で演奏を行っている。2014年3月、ドイツのレーベルNEOSよりCD「武満徹、細川俊夫ギター独奏作品集」をリリース。翌年、第20回アレッサンドリア国際ギター大会で、年間最優秀アルバム賞を受賞する。現在、シエナ・フランチ音楽院、ラティーナのオットリーノ・レスピーギ国立音楽院で教鞭を執っている。 使用ギターは、カルピ(モデナ県)の製作者、ガブリエーレ・ローディが手がけ、弦はカルドーニョ(ヴィチェンツァ県)にあるアクィラ・コルデ・アルモニケ社製。

“La dolce guitar”. Concerto di Gian Marco Ciampa a Tokyo 6 dicembre

Attenzione il 6 dicembre il chitarrista classico italiano Gian Marco Ciampa suona all’Istituto Italiano della cultura a Tokyo!   http://www.iictokyo.esteri.it/iic_tokyo/it/gli_eventi/calendario/2017/12/la-dolce-guitar-concerto-del-chitarrista.html Programma Joaquim Malats, Serenata española Giulio Regondi, Introduction et Caprice op.23 Mario Castelnuovo-Tedesco, Capriccio diabolico Hiroshi Hara, Canto funebre Francisco Tarrega, Fantasia sui temi de “La traviata” Leo Brouwer, Sonata: 1. Fandangos y boleros 2. Sarabanda de Scriabin 3. Toccata de Pasquini Per…