マルコ・デル・グレコ ギターコンサート「マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコへのオマージュ」

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)の没後50年を記念して、数々のコンクールで受賞している実力派ギタリストのマルコ・デル・グレコが、20世紀のギター作品のなかで傑作のひとつと言われる「ゴヤによる24のカプリチョス」から8曲演奏します。 それに先立つ第1部では、琴の奏法を取り入れた細川俊夫の「セレナーデ」と、武満徹の最後の作品「森のなかで」を演奏します。 また、当日は、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコの孫、コスタンツァ・カステルヌオーヴォ=テデスコ氏が祖父の作品について語ります(英日逐次通訳付)。 プログラム 細川 俊夫 (1955-) セレナーデ(2003) 月光のもとで 夢路 武満 徹 (1930-1996) 森のなかで-ギターのための3つの小品(1995) ウェインスコット・ポンド-コーネリア・フォスの絵画から- ローズデール ミュアー・ウッズ ********* マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ (1895-1968) ゴヤによる24のカプリチョスOp.195(1961) n.1 フランシスコ・ゴヤ・イ・ルシエンテス、画家 n.5 連中の手はずは整った(モデラート-テンポ・ディ・“ビリャンシーコ”) n.6 愛と死と(タンゴのテンポで-重苦しく悲劇的に) n.12 仕方がなかった(ごく遅く、陰気かつ荘重に-グレゴリオ聖歌“怒りの日”の主題によるパッサカリア) n.13 どちらの方が首ったけ(陽気に-舞曲リゴードンのテンポで) n.19 細く紡ぐ(急速に、不吉に-陰鬱な紡ぎ女のように) n.20 師匠への贈り物(アンダンテ) n.24 嘘と無節操の夢(ファンタジーをもって-吟踊風の流儀で) お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it マルコ・デル・グレコ ギター Marco Del Greco, chitarra 1982年ローマ生まれ。同地サンタ・チェチーリア国立音楽院でカルロ・カルファーニャに師事し、最高成績で修了。その後、スイスのバーゼル音楽院でステファン・シュミットのもと研鑽を積む。2010年、第53回東京国際ギターコンクールで優勝。翌年、日本で長期のコンサートツアーを行う。マドリード国立音楽堂、東京文化会館、中国国家大劇院、バーゼル・コンサートホール、ローマのコンチリアツィオーネ・オーディトリウム、カリーニングラードのドラマシアターなど、世界各地で演奏を行っている。2014年3月、ドイツのレーベルNEOSよりCD「武満徹、細川俊夫ギター独奏作品集」をリリース。翌年、第20回アレッサンドリア国際ギター大会で、年間最優秀アルバム賞を受賞する。現在、シエナ・フランチ音楽院、ラティーナのオットリーノ・レスピーギ国立音楽院で教鞭を執っている。 使用ギターは、カルピ(モデナ県)の製作者、ガブリエーレ・ローディが手がけ、弦はカルドーニョ(ヴィチェンツァ県)にあるアクィラ・コルデ・アルモニケ社製。

Interview with Marco Del Greco (October 2014)

Interview with Marco Del Greco When did you start playing the guitar and why? What did you study and what’s your musical background? With what guitar do you play and have you played in the past? I started playing guitar when I was seven years thanks to an afternoon course held by Roberto Armillotta in…

Recensione di Toru Takemitsu.Toshio Hosokawa Works for solo Guitar di Marco Del Greco, Neos, 2014

“In performance” scrive Takemitsu  “sound trascends the realm of the personal.” Marco Del Greco, chitarrista italiano con un brillante curriculum, classe 1982, diploma con “menzione di onore” nella classe di Carlo Carfagna al Conservatorio di Musica “S. Cecilia” di Roma,  1° premio nel 2010 al “53rd Tokyo International Guitar Competition”, riesce a rendere questo senso…